本文へ移動
一般社団法人 福島県電設業協会
〒960-8114
福島県福島市松浪町9番6号
TEL.024-533-6226
FAX.024-533-6235
 

事業活動

事業計画

人材の継続的な確保・育成、技術・技能の向上と的確な継承

 若者が夢と希望を持って活躍できるよう、魅力ある職場づくりに努めるとともに、協会独自の継続教育(CPD)制度など、会員の能力維持・向上のための各種講習会を実施します。また、インターンシップ事業などを通して電気設備工事業界の魅力発信などに努めます

適正価格での受注や合理的な工事環境の確保

 健全で公正な競争市場の構築と工事の品質・安全確保を図るため、設計図書の精度向上や適正な工程・工期設定の確保などに関して、関係機関・団体等と連携して取り組んでいきます

分離発注の一層の推進

 公共発注機関、民間発注団体等に対して、品質確保と価格の透明性確保に優れた「分離発注方式」の普及と理解を求め、採用を要請していきます

再生可能エネルギー等の調査研究と積極的な活用

 太陽光・水力・風力等の再生可能エネルギーの普及の動向、技術的課題などの情報を収集・整理し、「再生エネルギー先駆けの地」を目指す福島県の地元電気設備工事業界として、貢献のあり方を探り、積極的な活用を図ります

分離発注

設備工事には、「分離発注」をお勧めします。

分離発注方式(お勧めです)

 お客様が建築工事と電気設備工事、機械設備工事など別々に発注する方式。お客様と設備工事会社が直接打ち合わせできるため、コストの透明化が図れます。
 さらに、十分なコミニュケーションでニーズや要望を反映することができ、高い品質と責任施工が可能になります
 コストが透明です。

何にどれだけかかるか、かかったかが一目瞭然。設備のコストがはっきりわかります。
 
▶ 品質が保証されます。
お客様と直接打ち合わせできるので、予算や要望にマッチした品質が保証されます。
 
▶ 責任が明確です。
どこの誰が、どの設備工事を担当したかが明確なので、責任ある工事を行います。
 

一括発注方式(お勧めしません)

 お客様が建築工事と設備工事を一括して建築工事会社に発注する方式。設備工事会社は建築工事会社の下請けになります。
設備のコストが不透明です。

設備には、それにふさわしいコストが必要ですが、適正に配分されないことがあります。
 
お客様のご要望を満たせるか不安です。
コストが不透明なため、お客様のご要望が満たされないおそれがあります。
 
設備の責任範囲が不明確です。
施工責任の所在がわかりにくくなります。
 

事業報告

令和2年度

4月10日
「電設新聞4月号」発行
4月16日
会計審査業務(1・2・3月分)
4月23日
令和元年度事業監査会
令和2年度第1回理事会(書面決議)
5月28日
第70回定時総会(委任状提出48会員)
6月10日
「電設新聞6月号」発行
7月15日~17日
道の日(照明不点調査)
7月17日
令和2年度 安全大会・技術研修会
(福島労働局、福島県職員による講演資料の伝達講習)
8月03日~07日
道の日(管内地下歩道点検・道路清掃奉仕作業)
8月07日
会計審査業務(4・5・6月分)
8月20日
「電設新聞8月号」発行
8月25日~27日
インターンシップ支援事業
(会津支部:テクノアカデミー会津)3日間
9月03日
令和3年度県予算編成に対する
県議会各党の要望聴取会
9月04日
令和2年度県優良建設工事表彰式出席
10月02日~04日
Master制度勉強会
「1級電気工事施工管理技士検定試験準備対策講習会」(学科)3日間
10月20日
「電設新聞10月号」発行
10月27日
会計審査業務(7・8・9月分)
11月12日
第2回監事会、第2回理事会
及び正副会長・総務委員会合同会議並びに各委員会
11月17日~19日
インターンシップ支援事業
(いわき支部:勿来工業高校)3日間
11月25日
令和2年建設事業関係功労者等国土交通大臣表彰式
12月01日
福島県入札制度等監視委員会意見聴取会
福島県土木部建築総室への要望・意見交換
12月21日
「電設新聞12月号」発行
1月12日
「電設新聞1月号」発行
1月14日
建産連により県庁新年挨拶訪問
1月27日
会計審査業務(10・11・12月分)
2月03日
第4回女性トークサロン
(会員企業社員12名参加によるオンライン講演会・意見交換会)
2月05日~07日
Master制度勉強会
「1級電気工事施工管理技士検定試験準備対策講習会」(実地)3日間
2月12日~22日
働き方改革 「改正労働基準法」対応セミナー
(福島・郡山・いわき・会津支部)4日間
3月11日
東日本大震災追悼復興祈念式参列
3月24日
第2回理事会
及び正副会長・総務委員会合同会議並びに各委員会
TOPへ戻る